引越しに関連した感想&体験談集【MOVE-JPN】

引越し関連サイト
【MOVE-JPN】

家族(2人以上)引越し経験者の感想


家族(2人以上)引越し経験者の感想


子供が2歳の時に引越しました。
イタズラ盛りなので荷物をダンボールに詰めているところにやってきて欲しいものを持って行ってしまい、なかなかはかどりません。
仕方なく子供が眠った深夜に作業を行いました。
搬出・搬入は依頼した業者が手際よくやってくれました。
新築の集合住宅への引越しで、同じ日に20軒位が入居してきたので、搬入の際にエレベーター待ち時間が長く、以前に引越しをした時より搬入終了時間は遅く、16時頃までかかりました。
平日に引っ越せれば良かったのでしょうが、仕事の都合上仕方がありませんでした。
3月末だったのに雪がちらつくような生憎の天候だったので、今の住居はなんとなく寒いイメージが払拭できません。

引っ越したのは6年前、末っ子はまだ0歳の赤ん坊でしたが、私たち夫婦と男の子3人での引っ越しでした。
何が大変だったかというと、荷物の梱包作業。
経費を抑えるために自分で梱包するプランを選んだので、食器1枚1枚から全部梱包材で包み、紐で縛って…本当に大変でした。
数百冊以上あった蔵書は、選りすぐりのもの以外は全て売却。
それでも200冊前後は残ってしまったので、それらを束ねたりと重労働でした。
更に息子たちもまだ幼く夫も会社勤めでしたから、赤ん坊を背負って全て一人で片づけましたが、引っ越し後の開梱はしばらく手つかず。
できれば二度と引っ越しはしたくない、するとしてもお金はかかっても全て梱包をお願いできるプランにしようと思いました。

近距離の引越だったのですが、小さな子供がいたため、初めて引っ越し業者を利用して引越しをしました。
まず驚いたのが見積もりを問い合わせたところ本当にすぐに数社から見積もりに行かせて下さいというお電話がすぐにかかってきたことです。
何社からも営業が一斉にくるという経験はビビリな自分にはそうそうないことだと思うのでとても緊張しました。
引越し自体は本当にプロだなぁという感想しかないです。
とても手際が良く、あっという間に荷物の移動が完了してしまいました。
そして引っ越し後のゴミの多いことにも驚きました。

マンションに住んでいましたがマイホームを購入したので家族3人で引っ越しをしました。
引っ越し業者は不動産屋が紹介してくれました。
非常に手際良く丁寧に作業してくれたので満足できました。
特に玄関から冷蔵庫が搬入できなくて2階から搬入したのですが、狭くて重くて大変だったと思いますが無事に入れることができて助かりました。
私たちが行ったのは引っ越しの準備と引っ越し後の片づけだけですが、想像していたよりは大変な作業ではなかったです。
家具なども指示通りに配置してくれたので簡単な手直しだけで済みました。
今までは引っ越しは面倒だと思い込んでおり、不満があっても我慢してきましたが、こんなに楽なら積極的に引っ越しをするべきだったと少し後悔しました。
マイホームを購入したので引っ越しをすることはないと思いますが、もしもの時は同じ業者を利用したいと思っています。
家族(2人以上)引越し経験者の感想一覧


単身引越し経験者の感想体験談


単身引越し経験者の感想体験談


何度か単身で引っ越しをしているのでその感想を書きます。
まず引っ越し業者を選ぶときはネットなどの口コミを参考にして何社かに絞って見積もりを出すといいです。
中にはしつこく契約を取らせようとする会社もあるので注意です。
それと引っ越しプランは一番安いやつでイイです。
どうせ単身なのでそんなに荷物もないし大きな家具とかもないと思うので。
あと引越しのついでにいらない物を処分するとかなり引っ越しが楽になります。
たとえば使わなくなった家電やもう着なくなった服などはリサイクルショップに持っていけば少しは引っ越しの資金になります。

県外の大学に通う為に一人暮らしをすることになりました。
6畳のワンルームマンションで一人暮らしには十分な広さです。
引っ越し業者に頼みましたところ、その日はたまたま業者さんの予定が空いていたので引っ越しプランより多い人数と大き目の車で来てくれました。
業者さんは素早く丁寧であっという間に荷物を車に積み込み引っ越し先でも「指示よろしく」と言われたので置き場所を指定するだけでこちらもすぐに終わりました。
一人暮らしにしては荷物多めだったのですが本当に早く終わってびっくりしました。
信頼できる引っ越し業者さんはありがたいです。

私は大学時代に単身での引っ越しを経験しました。
実家から下宿への引っ越しだったのですが、片道1時間強ほどでたどり着けるため、業者を利用せず、必要な物を電車や車で少しずつ運ぶことにしたのですが、思っていた以上に大変でした。
一度に持てる量には限りがあるので、2〜3回往復した時点で、あと最低何回やらないとダメそうなのかを数えると、凄く絶望的な気分になりました。
ただ、そこで再度必要なものと不要なものを分ける作業をして、下宿に持ち込む荷物を減らすことができたので、結果的には良かったかもしれません。
体力と時間はかかりますが、業者に頼むよりも圧倒的に安いので、どちらを取るかといった感じでしょうか。

20代後半の時、結婚のため、東京の勤め先を退社し、関西まで引っ越すことになりました。
引っ越しにあたって、困ったのは引っ越し業者の選択です。
それまでは、関東内の引っ越しだったので、両親に手伝ってもらえばどうにかなってましたから。
この後、結婚式などが控えていることを考えると、出来るだけ出費は抑えたい。
でも、名の通っている引っ越し業者に問い合わせると、なかなかな金額・・・。
そんな時に目に留まったのは、地域の広報誌に載っていた業者の広告。
早速、問い合わせてみるとかなり割安!!加えて、交通代も浮かせたい私は、ダメ元で「引っ越し先まで一緒にトラックに乗せていって欲しい」と頼んだところ、戸惑いながらも了承していただけました。
朝に荷物を積みいれ、途中のサービスエリアで昼食代だけは出させてもらい、夕方には引っ越し先に着きました。
通常の引っ越し業者+新幹線移動に比べると、半額ぐらいに費用を抑えられました。
同乗をお願いする客は、なかなかいないでしょうね。
良い業者さんに当たって、今でも感謝しています。
単身引越し経験者の感想体験談一覧


訪問による見積もり経験者の感想


訪問による見積もり経験者の感想


引っ越しは何度も経験したことがあります。
前回引越しした時には2社に訪問見積もりに来てもらいました。
事前にネットで一括見積をしていて、おおかたの金額(最安値)把握していました。
そこで実際に最安の見積額を出してきた業者より安くしてもらえるか交渉する意味合いもあって、大手の引っ越し会社に訪問見積もりをお願いしました。
引っ越しシーズンではなかったためか、訪問見積もりにきてもらうだけで、お米や洗剤などのプレゼントをもらうことができてラッキーでした。
訪問見積もりの結果、引っ越しのサカイは一番安い見積額を出してくれました。
他社で出ている見積額を伝えると、一番効果的ですね。
ただ私は、サカイででた見積額をまた別の業者に伝え、さらに良い条件で金額を出してもらいました。
引っ越しの見積はいくらでも価格が変わるので、交渉が大事です。

過去に3回引っ越しをしており訪問見積もりをして頂きました。
訪問して見積もりを行って頂くことで、詳細な見積もりを出していただけるのはわかりやすいです。
また、値段交渉も他社の見積もりをもとに行える為、かなり助かります。
ただ、向こうもかなり積極的に契約を取ってきますから、安易に行うべきでは無いと感じています。
期日が決まっていない、ざっくり見積もりが欲しいというのであれば訪問までして頂かない方が良いとおもいます。
お互いに。

子どもの成長に伴い、賃貸から賃貸への少し広い家への転居をした時に行った見積もり体験です。
見積もり自体は一社しか行っていないのですが、即決した理由として寸劇が面白かったことにあります。
最初、見積額を提示して貰い、まぁこんなもんだろうな程度の金額を提示してもらっていました。
ただ、やはり少しでも安くして貰うのは嬉しいものであるため、もう少し安くなりませんか?と尋ねたところ、担当者がう〜んと考えるポーズをとった後、「ここはなんとかなるかもしれませんね」とエアコンの取り付け費用(1万円程度)を安く提示してきました。
その際に、「ただ・・・僕ではなんともなりませんので、上司に相談してみます。
大丈夫、なんとかしますよ。
」と頼もしげにいい、すぐに上司に電話をかけたかと思うと、状況を説明し、あっさり上司の快諾を得て値下げを決めてくれました。
その時のやりとりがやらせだと分かっているのが、また面白く満足して契約を決めました。

対応はとても良かったですよ。
実は何社かリストアップしていて、相見積もりを取るつもりで居ました。
電話で見積もりを依頼すると忙しい時期だったのか担当の人から電話口でいくつか質問をされ、そして見積もり金額を出すというものでした。
結構金額にも5?10万位の幅がありました。
最後に電話した所は「是非訪問見積もり」をさせて下さいと言う所でした。
こちらもそれを願っていたのでお願いしました。
忙しそうでしたが電話して1時間半位後に訪問してもらいました。
こちらも引っ越しを急いでいたので大方の荷物を片付けてまとめて置きました。
その他に押し入れの中のもの等、後で追加金額が出るのが嫌だったのでしっかり見てもらいました。
その場で直ぐにお見積もり金額を出して貰いました。
予算を少しオーバーしていました。
なんとか予算内でお願いしますと言い。
引っ越し日を業者さんの都合の良い日に合わせると言う事で双方納得しました。
ダンボールも使い古しのものでしたが用意してもらい、引っ越し当日もサクサク段取り良くしてもらい感謝で一杯でした。
やはり顔を見てお願いするって大事だと思いました。
訪問見積もりお勧めです。
訪問による見積もり経験者の感想一覧


引越業者一括見積もり利用者の感想


引越業者一括見積もり利用者の感想


新築戸建購入し、引越しが必要になったため、ウェブ上で引越し業者の一括見積サイトを利用しました。
自分の情報を入力フォームに入れて送信したところ、来るわ来るわ各社からのダイレクトメール。
正直あそこまで頻繁にメールが来るとは思っておらず面食らいました…はっきり言うと迷惑メールレベルで、すぐに全てのメールを着信拒否し、最寄りの大手引越し業者へ訪問見積に切り替えました。
そちらは気持ち良く対応していただきましたので結果的にはよかったですが、ウェブ上での引越しの相談は二度とするものかと思っています。

一括見積もりサイトの必要事項を入力して送信した数分後から怒涛の如く、様々な番号から電話がかかってきました。
電話が取れないと取れるまで何度も何度も電話がかかってきました。
一括見積の場合、他の会社よりも先にアポを取る事に必死らしく、おおかた全ての見積もり先からの電話に応じるまで1日中電話がかかってきっぱなしで疲れました。
見積もりサイトで荷物の量など入力しますが、結局『実際に訪問してみないと料金は出せません』という会社がほとんどで、【まずはメールで大体の見積もりを教えて貰った中から会社を吟味したい】と思っていた私にとっては考え違いでした。

これまで会社の転勤などで3度ほど引っ越しを経験しています。
初めての引っ越しの際は、時間や知識がなかったこともあり、テレビCMなどで自分の知っている大手引っ越し業者に相見積もりなども行わず、業務を依頼しました。
後日改めて引っ越し口コミサイトなどを見ると、時期・物量・距離・価格交渉(相見積もり)によって同じ引っ越しでも全くといいほど料金が違うことに気付き、そこから一括見積もりサイトを利用しています。
一括見積もりサイトは、指定フォームに条件を入力するとそのサイトに登録してある各業者の料金が一覧で払い出されるため、一目で手間無く業者選定をするのに最適だと思います。
サイト登録のみで無料で利用できるものも多いため、初めての引っ越しをする方などには大変おすすめです。

引っ越し業者も、今は小さな所から有名な大手まで色々あるので、各々の大体の相場を知るのには良かったと思います。
一括見積もりを利用した次の日は、帰って来たら、留守番電話が何十件も入っていて、少しビックリしましたが、メールで概算の見積もりを知らせてくれている会社もあって、助かりました。
私が利用したサイトは、前もって自分で該当する荷物にチェックを入れる仕組みになっていたので、運んで欲しい荷物について、電話で何度も同じ事を言わなくて済んだので、あとは値引き交渉するだけで済みました。
引っ越し業者のホームページを一つずつ見て行くのは面倒で時間もかかるので、良いシステムだと思いました。
引越業者一括見積もり利用者の感想一覧


業者を利用せず引越しをした方の感想


業者を利用せず引越しをした方の感想


一人暮らしの家から結婚後に住む新居への引越でしたが、冷蔵庫も備え付け、ガスコンロもなくIHも備え付け。
エアコンも備え付け、ベッドはなし。
という、大きな家具・家電が少なかったせいか、容易に済みました。
旧居と新居とを半月ぐらいは、重複で借りておき、細かい荷物はスーパーから拝借した段ボールに詰めて、手が空いた時に必要のないものから運んでいきました。
大型のものは、洗濯機・TVボードぐらいでしたので、夫とその友人に引越を行った当日に自家用車で運んでもらいました。
思ったよりも容易に済んだと思っています。

5年ほど前引っ越しをしました。
前の住居から歩いて5分と近く、比較的荷物が少ないことから業者さんには頼らず自分達で引っ越しを敢行しました。
衣類や細々したものは自家用車でちょくちょく運び入れました。
大もの家具や家電はさすがに無理なので、知り合いにトラックを借り、手伝いには主人の男兄弟達に来てもらいました。
思っていたよりスムーズに引っ越しは進み、午前中のうちに全ての荷物を運び終えることができました。
みんなが帰ったあとさっそく荷ほどきをしさぁ物を出そうと見てみると、結構な数の食器類が割れていました。
タンスなどもよく見ると、どこかにぶつけたのか傷が…。
やはり素人ですからそういったトラブルは付きものですね。
次回引っ越しをする時は、プロである引っ越し業者さんにお金はかかってもお願いしようと思いました。

今年の2月に、引っ越しました。
業者にお願いすると、かなりの金額なので彼女に手伝ってもらいました。
車を所持していないので、レンタカーを借りたのですが、ボックスタイプの車は値段が高かったので、乗用車を選びました。
荷物は、一人暮らしで家具も備え付けの家に住んでいたので少ない方でした。
無理矢理でも車に詰めれば一回で済むと思いきや、布団がかなり幅を取ってしまって結局2往復しました。
かなり詰め詰めで入れたので、段差があると積んでる物が崩れてしまうことがありヒヤヒヤでした。
少し高いお金を払ってでもボックスタイプにすれば、余裕を持てたと思います。
一人暮らしくらいなら、業者に頼まなくても引越しはできると思うので、なるべく引っ越す前に入らないものは処分し整理整頓しておくと楽に引っ越せます。

結婚をすることになり、私の実家の近くに引越すことになりました。
主人も当時私が働いていた地域に実家暮らし。
引越し先の距離は車で40分ほどで、私は勤務先の近くに一人暮らしをしていました。
当時、私の仕事が忙しく、12月の引越し、私は12月は後半全く休みがなく私のマンションの住まいの契約も12月いっぱいにして次の月の家賃を節約しようということになりました。
とりあえず、部屋の契約は私が行い、引越しは主人の家族がすべてしてくれました。
主人の家族は力仕事の自営業をしていて、父、母、主人、弟が2人。
そして、私の父、母。
この2家族で引越しをしました。
荷物は主人は実家暮らしのため、ほとんどなく、ほぼ私の荷物のみ。
5年間住んでいたので荷物も増えていましたが、12月の休みがなくなる前の休日や仕事が終わってからコツコツとダンボールに荷物を詰め、いらないものを処分して、掃除をしてなんとかあとは荷物を出すだけという状態にしておきました。
当日は、主人のお父さんがトラックを準備してくれて男総出で荷物をトラックに乗っけて新居に運んでくれ、一つの部屋にまとめてくれました。
また、主人の母がマンションの掃除もしてくれて、綺麗な状態で不動産会社に引き渡すことができました。
私は仕事だったので、当日は全くノータッチ。
午前中でほとんど終わったと言っていました。
仕事が早くて、業者並の義理家族に驚愕しました笑。
業者に頼んだら、数万円かかる費用が全くかからず、本当に助かりました!
業者を利用せず引越しをした方の感想一覧


引越しで失敗した方の経験体験談


引越しで失敗した方の経験体験談


引っ越し業者に見積もりをお願いしたときに、家に来た営業の人にどうしてもわが社で引っ越しをしてほしいと頼まれました。
切羽詰まった感じがしたので、こちらの希望どうりにしてくれるということでお願いすることにしました。
粗大ごみを回収してほしいと、希望の日にちの午前中にしてほしいというものでした。
できるということでしたが、後日センターからの確認では、日にちが違い夕方になっていました。
変に思い営業の人に電話をしました。
何度かけても出ませんでした。
センターと何度も連絡を取り合い、引っ越しはできましたが、営業の人が退職されていて内容が食い違い引っ越しができないところでした。
大手の引っ越し業者だったので安心していたのが間違いでした。

引越しで失敗したと思ったのは4点です。
@「荷造り」時間がなかったので大きい物以外は全て詰めたのですが、引っ越し前に捨てたり売ったり。
もっと持ち物全てをチェックして整理しておけば引っ越しが効率が良かったと感じました。
A「寸法どり」引越し先の寸法を数か所とりそこなっており、まあ大丈夫だろうと運びこんだのですがうまく収まらずに結局予定していたレイアウト通りに配置できませんでした。
面倒でもしっかり把握しておくべきでした。
B「引越し先の環境」築1年のマンションですが、引っ越して一年で革製品(ジャケット、バッグ、靴、ベルト)がカビだらけに!これまで何年も色んな場所で管理してきましたが初めての事でした。
あと、家具の隙間などもカビが生えていました。
普通に換気も行っていたのに結局全て処分せざるを得なくなり数十万分がゴミとなりました。
引っ越す前に湿気がどうかは必ず確認しようと思いました。
C「地震対策」は引っ越しで運びこむ際に取り付け、家具を買い揃える前に考えて選べば良かったと思いました。
棚や収納家具は、デザイン性の高いものを買い揃えても転倒防止のグッズを取り付けたら見た目が悪くなったので低い棚か取り付けても違和感のでないデザインにすればよかったです。
照明器具はシャンデリアやペンダントライトを使用していますが、はじめからシーリングライトにすれば落下防止の取り付けも不要でした。
転倒防止のジェルマットの設置では、PCやTVなどは問題ないのですが、中身を詰めてからの食器棚や本棚や家電(冷蔵庫・洗濯機)は大変でした。

アパート暮らしを止めようと建売住宅を購入し、引っ越しをしました。
建売住宅だったため、テレビのアンテナ等を知り合いの電気屋さんにお願いしました。
私たちはいち早く引っ越しをしたかったのですが知り合いの電気屋さんが中々都合がつかず無理矢理に休みの日曜日にやって頂けるということだったので私たちもその日に引っ越しをしてしまおうとしました。
しかし、当日はあいにくの雨。
しかも、土砂降り。
引っ越し業者を依頼していたので雨天決行。
引っ越し業者も知り合いの電気屋さんも私たちもびしょ濡れになりながらの作業となりました。
なんとか引っ越し出来ましたが、天気予報をしっかり確認しとけば良かったです。

アパートからアパートに引っ越した時のことです。
業者に引っ越しを頼もうと見積もりを出してもらったら、繁忙期だったというのもあり、予算の1.5倍の金額に。
結局、自分たちだけで引っ越しをすることになりました。
当日は意外にもスムーズに積み込み、運搬、運び入れができました。
家具家電の配置もバッチリ!荷ほどきはとりあえず次の日にして、その日は実家に泊まることにしたのです。
そして次の日。
早朝から鳴り響く電話。
出てみると、引っ越し先のアパートの管理会社の方でした。
なんと、設置した洗濯機のホースから水漏れしたとのこと。
確か洗濯機は設置して蛇口を全開にしてきたはず。
アパートに行ってみると、階段から滴り落ちる水。
部屋は全ての部屋が水深5センチに。
しかも最悪なことに部屋は2階。
下の部屋の方に大変ご迷惑をかけてしまいました。
アパートの管理会社の方によると、こういったことはよくあるそうです。
これ以来、夜や留守の時は必ず洗濯機の蛇口は締めるようにしています。
引越しで失敗した方の経験体験談一覧


引越し経験者の良い思い出


引越し経験者の良い思い出


私がまだ独身だった頃の話 ある事情で、私は転職をする事になりました。
再就職先を探すのですが、なかなか見つからず、やっとの思いで見付けた会社は、実家から随分離れた場所にありました。
最初のうちはお金もなかったし、無理をして実家から通っていましたが、そのうち、会社の近くで良い物件を見付けましたので、引っ越す事にしました。
良い物件、とは言っても、予算的に良い物件という意味で、マンションとは名ばかりの、古くて汚ないビルでした。
「こんな所に、若い女性が独り暮らしなんて、やめなさいよ!」と、部屋を見に来た母は文句を言いました。
でも、私は、家主さんが上の階に住んでいるし、会社からも5分程の場所でしたし、何よりも独り暮らしなんて、生まれて初めての経験でしたので、引っ越す気満々でした。
週末の休みを利用して、荷物を運び込みました。
私の他に、このマンションに住んでいる人は、二人いました。
二人とも男性らしく、一人は挨拶に行ったら、彼女が対応に出て来ました。
もう一人は、何度か挨拶に行きましたが、いつ行っても留守なのです。
私も、仕事が忙しかった事もあり、そのうちに挨拶に行くのも忘れていました。
ある日、仕事から帰って来る途中、いつも留守の部屋の明かりがついているのに気がつきました。
一応挨拶を、と思い、インターフォンを押しました。
出て来たのは、私と同じくらいの年齢の男性でした。
「あの、今晩は。
ちょっと前なんですけど、私、隣に引っ越して来ました。
また、改めて挨拶に来ますので」と、言うと、「あ、そうなんだ。
ごめんね、ずっと出張していたから、いつ来てもいなかったでしょ」と、彼は笑いました。
後日、家主さんの奥さんが、入居者を連れて食事に行くから、あなたの好きな料理を教えて、と言って来ました。
入居者も少ないので、定期的にみんなで食事に行ったり、飲みに行ったりするのだそうです。
その時に聞きましたが、隣の彼は、家主さんの甥っ子に当たる人なのだそうです。
「食事の時に紹介するわ。
仕事仕事で彼女もいないのよ」と、奥さんは言いました。
それから私と彼は、かなり仲良くなりました。
お互いの部屋に遊びに行くようにもなりました。
いい思い出ですが残念ながら、縁はなかったようで、結婚にはいたりませんでしたが、今でも良い思い出です。

私の引越しの良い思い出は荷物を整理できたことです。
引越しを機に使わないものを一気に処分できたため、荷物が大分すっきりとしました。
収納スペースを圧迫していた不要品を処理できたおかげで、引越し先の家では必要な荷物をコンパクトに収めることができるようになり、生活スペースを広く取ることができるようになったのです。
とはいえ引越しの荷造りの最中、平行して不要品を処分するのは大変ではありました。
しかしそのおかげで今の快適な暮らしを送ることが出来ているのです。

引っ越しといえば、必ずやること、それは荷造りです。

多くの方が、この荷造りが大変と言われますが、私はこの荷造りが結構好きです。
何故なら、クローゼットの奥にしまっていた思い出に出会えるからです。
先日、引っ越しをした際、出るわ出るわ思い出の数々。
前の家に住んでいる間に、結婚、出産したので、思い出たくさんでした。
結婚に関しては、下見に行った式場のパンフレットや、ドレス写真の切り抜きがあり、初々しい自分を思い出しました。
出産に関しては、産院で食べたお祝い膳のメニューや、泣き止まない娘を連れて行った公園の桜の花の押し花なんかがあり、大変だった子育て時期を思い出しました。
毎日、時間に追われて生活してたので、ゆっくりと思い出を振り返る時間はありませんでした。
引っ越しの荷造りで、素敵な時間を過ごせて良かったと思います。

大学4年生の時、大学卒業のため実家に戻ることになり、引っ越しを友人に手伝ってもらいました。
友人にお願いした際は断られるかと思いましたが、声を掛けた友人は全員快諾して手伝ってくれました。
荷物を借りてきた軽トラに詰め込み、関西から関東までの距離を運転して運ぶのは、なんだかちょっとした夜逃げ気分が味わえて楽しいものでした。
同時に、引っ越し代を払うわけでもないのに、文句を言わずに手伝ってくれる友人がいるんだと、嬉しいような誇らしいような気持ちになったことを覚えています。
今も彼らとの付合いは続いていますので、今度は自分が引っ越しの手伝いに駆けつけたいと思っています。
引越し経験者の良い思い出一覧


複数回の引越し経験者のアドバイス


複数回の引越し経験者のアドバイス


まず引っ越しの料金ですが、3月などの引っ越し繁忙期は引っ越し料金が、かなり割高になりますので、可能な限り避けた方が良いと思います。
また、繁忙期を除く平日の昼間は、料金を割安で提供する業者が多いので、可能ならそちらを利用された方が良いと思います。
ちなみにエレベーターよりも、階段のみしか無い物件への引っ越しは若干割高になる事があります。
それから、敷金返還対策の為、引っ越し直前に、明らかに汚れすぎている(長く住めば済む程、どうしてもそういう所は出てきます)所は、クリーニング業者に頼んで綺麗にしておけば、安心です。
クリーニング料を惜しんで、結果かえって敷金を多く取られるとマイナスになるからです。

引越しはとにかく一ヶ月くらい前から余裕を持って準備することが大事だと思います。
私は一ヶ月くらい前から近所のスーパーでダンボールをもらい準備を始めました。
使用頻度の低いものは最初に梱包、キッチン周りのものなどギリギリまで使いそうなものはダンボールに入れたまま封はせず、先程の使用頻度の低いものの上に起きます。
あちこちの部屋におかず、できればまとめておいたほうが後で運び出しやすく良いと思います。
また、箱にごちゃごちゃ記入するより、新居での搬入先(居間・台所・個室など)を赤丸などのカンタンな目印にしておいたほうが見やすいと思います。

転勤族で引っ越しの経験が複数甲斐あります。
引っ越しの荷造りで大切なのは、まずは家の中にある物を全てひっくり返して断捨離をすることです。
引っ越しは、今まで先延ばしにしていたクローゼットの奥まで整理整頓する絶好の機会なのです。
これを機会に、いらないものは捨てたりリサイクルショップに売るなどしてどんどん処分することが、荷造りの第一段階。
自分にとって必要かどうかわからない場合は、数年間未使用だったら潔く処分してしまいましょう。
物が少なければ少ない程、荷造りと荷解きの負担は減ります。
取捨選択が終わったら、次は引っ越し先で、仕舞う場所を予め決めましょう。
適当にではなく、新しい住居でどのように物が配置されたら生活が快適になるかをしっかり考えるのです。
「とりあえず」で荷解きをすると、後々変更したり、使いたいときになかなか見つからないなどして手間になります。
断捨離と物をしまう場所をきちんと決めることが、引っ越し作業をスムーズに行うコツです。

引越しに大事な事。
必ず多数の業者さんで見積もりをする事。
案外と引っ越し自体が急に決まる事も多いと思いますが、そこをなんとかやり繰りするのが大事だと思います。
自分の複数ある引っ越しの経験です。
例)金沢から岐阜県のある町への引っ越し。
家族4人一般的な荷物の量。
2LDKから3LDK。
4階から4階共にエレベーターあり。
A社200000円B社158000円C社480000円。
A,Bと同じような代金。
あまりのC社の高さに、「信頼と安心」だそうです。
本当に信頼と安心が絶対必要な方は。
でも全て多くの方がご存知の業者さんばかりです。
複数見積もりを取って見てはいかがでしょうか。
複数回の引越し経験者のアドバイス一覧
初めての方へ
当サイトについて・免責事項
運営サイト
安い自動車保険ランキング
車買取関連サイト
Copyright move-jpn. All Rights Reserved.